スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚 1000円で作るLED照明 省エネその2

前回、赤色LEDでの照明自作が出来たので、今度は白色LEDで他の照明を自作することにした。


まずは照明の土台だが、コの字型のアルミを利用する。



20130202_124405.jpg

ホームセンターなどでも売っているが、コの字型にする理由としては、アルミの表面積が多くなることで、放熱性を高めるためだ。
あとは、今後このコの字の間にアルミパイプを通し、水を巡回させることで水冷式で放熱をする予定も考慮してだ。
60cm水槽用にこのアルミを50cmにカットする。

そして上海問屋で購入した白色LEDテープ

20130202_124426.jpg

よく見るとチップの表面が黄色くなっている。
たぶん、青色LEDに黄色いセロハンを貼って白色にしていると思われる。

このLEDテープをアルミに貼り付ける。
20130202_124448.jpg

通電テスト。


今回はDCジャックを利用することに。
20130202_130933.jpg

電気部品屋で購入すればいいのだろうが、楽天でレビューを記載することで送料無料になるDCジャックを発見したため、それを通販で購入した。


あとは家にあった12V1Aアダプターをつなげる。

20130203_215302.jpg

写真で見るとすごく明るいが、実際はこの写真よりも少し気持ち暗い感じがする。
もう一列並列でLEDを並べると非常に明るくなるだろう。

ただ、照明としては問題ない。


それではコストの計算だが、

アルミ土台 1M800円 の50cmなので = 400円
LEDテープ 5m3,000円 50cm分なので = 300円
DCジャックが 150円
ACアダプターは家にあったので0円

でトータル 850円でLED照明が完成!!(・∀・)

12V用ACアダプターなどは中古などでも売っている。200円くらいで買えると思います。


ちなみに電気代は前回の記事での計算方法を参考に

5050型の1個(3チップ)が0.24W、0.5Mで27個くらいだから6.48w
6.48(W)÷1000×10(時間)×22(円)×30(日)=43円 



ちなみに前回作成した水草用赤色LED照明も改良した。
今回は白色のほかに青色LEDテープも購入。

20130202_164752.jpg
20130203_215342.jpg

ここまで大きくなると5Aは必要になってくる。
LEDテープは全部で3M分になっている。




ちなみに12V5Aのアダプターはいくら中古屋を調べてもなかった。
しょうがないので、Amazonで購入しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。