スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚 90cm水槽の自作底面フィルター

90cm水槽を購入することにしたのだが、まず、ろ過をどうしようか悩んだ。
もちろん前提として自作。
自作になると底面フィルターが無難かな。

今回は90cmという大きい水槽のため、底の面積も十分ある。
全体的に塩ビ管を巡らせるが、せっかくなのでさらに濾材を敷き詰めることにした。

全体に敷き詰めたいので多めの2リットルを購入した。



敷き詰める塩ビ管にはいたるところに穴を開けておく。
設置した画像。
401289_254210294653625_1796145556_n.jpg

で、問題なのが水の循環をどうやるのか。
普通なら底面フィルターではエアーリフトを使用するのだが、これだけ大きいとエアーリフトだと全然水が循環しない。
というわけで、上部フィルター用のポンプを使用することにした。
別に他の水中ポンプでもいいのだが、たまたま上部フィルター用のポンプとなった。


購入したポンプと底面フィルターの塩ビ管を直結するのだ。



あとは、自作フィルターの上に、マットを敷き詰める。
こんなやつ。100均とかでも売っている。


その上に、ソイルを敷き詰める。
今回は底面フィルターを利用し、さらに水草水槽にするため底を厚めにする。
最低でも5cmはほしい。

計算してみたら、10リットルのソイル2袋あれば大丈夫らしい。
一番安いソイルをさがしたら、よく使っている「コントロソイル」が安い。

これを2袋購入した。

全部入れたらちょうどいい厚さになった(・∀・)20120618_095748.jpg


20120203_220010.jpg


上部フィルターのポンプで、いいかんじに水は循環している。
ソイルも厚いため、ろ過能力も相当なものだろう。と思う。




スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。