スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JavaScript Selectオブジェクトの生成

JavaScriptで自動でSelectオブジェクトを構築するためのコード。


<html>
<script type="text/javascript">
//二次元配列
var ary = [ [ 'A', 'AA' ], [ 'B', 'BB' ], [ 'C', 'CC' ] ];
window.onload = function() {
var sel = document.f1.sel; //該当のSelectオブジェクトを取得
sel.length = 0; //lengthを0にすることで初期化
for ( var i = 0; i < ary.length; i++) {
sel.length++; //length++でリストの追加
//valueはoptionのvalue、textは表示される項目となる
//0から始まるため-1
sel.options[sel.length - 1].value = ary[i][0];
sel.options[sel.length - 1].text = ary[i][1];
}
}
</script>
<body>
<form name="f1">
<select name="sel">
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
</select>
</form>
</body>
</html>

ポイントはlengthを操作することで初期化、追加ができること。


とりあえずメモ。
スポンサーサイト

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。