スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCAセキュリティの勉強・試験

20121109_185329.jpg

最後になるMCAセキュリティを受験してきた。
結果は画像の通り。

MCA4つの中で一番難しいといわれているセキュリティ。
難しいといわれているが、別に難しいことは何一つなかった。
たぶん、セキュリティを普段あまり意識していないからであり、参考書を読めば理解できないものはなかった。

では、なぜ試験は不合格だったのか。
それは「最新のセキュリティ技術について勉強していなかった」ためである。

■試験について
やはり、セキュリティ関連で良く見る問題もよく出ていた。
・共通、公開鍵暗号について
・ユーザの証明、メッセージダイジェスト・・・
・SSL、CA
などなど

他にメインとなっているのが、やはりMicrosoftのセキュリティについて
一般的には「Windows Update」「自動更新」機能など

そして、不合格だった原因の「Windows 7」のセキュリティについての問題。

■Windowsのセキュリティについて
過去受けた3つの試験について、数件あったがそこまで最新の情報についての問題はなかった。
主にその基盤となる技術、知識についての問題が多かったため、古い参考書でもなんとか合格できたのだと思う。

しかし、セキュリティについてはそうではなかった。
とにかくWindows7のセキュリティについての設問が多かった。

世界的にウィルスの脅威に対する対策は、日進月歩、秒進分歩というくらい進歩しているし、しなければいけないものだ。たった一つのウィルスが会社に大きなダメージを与える。個人情報流出など。

そのため、MCAセキュリティではWindowsの最新のウィルス対策についての問題が多いのだと思う。


セキュリティについては、常に最新の情報を持っているべきだとつくづく思った。
2003年度の参考書は、そりゃ情報が古すぎるか。



参考書にも記載されている通り、「Windows7」対応と明記してある。
たぶん、そろそろWindows8対応とかになって、この参考書もあまり役に立たなくなるのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。