スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JavaScript 乱数の生成

JavaScriptの乱数について

乱数の生成は

Math.random()

0から1までの乱数が生成される

例)0から100までの乱数

Math.floor( Math.random() * 100)

乱数に*100をすることで、0から100までの乱数が取得できる。

ちなみに

Math.floor()

は整数に変換する関数

例)30から50までの乱数

30 + Math.floor( Math.random() * 20)

20までの乱数を生成し、+30することで30から50までの乱数が取得できる
スポンサーサイト

テーマ : Webサービス
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。