スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッピーの病気・塩浴について

グッピーを飼っていると、どうしても病気になってしまうグッピーが出てしまう。

よくみるのが「尾腐れ病・尾ぐされ病」という、尾が溶けてしまう病気。
原因は、傷口から「カラムナリス菌」が進入・繁殖してしまうことが原因らしい。

そこで、よくある治療法のひとつが「塩浴」


グッピーは熱帯魚の中では比較的「塩」に耐性があるらしい。
その逆にカラムナリス菌は「塩」に弱いらしい。

そこで、グッピーを塩浴させてカラムナリス菌を死滅させようというわけだ。

■塩分濃度

調べてみると、濃度は0.5%。サイトによっては0.2~1.0%。
水槽にどのくらい塩を投入すればいいのか計算してくれる便利なサイトがある。
http://www1.kcn.ne.jp/~puni/breeding/siokeisan.html


私はさらに濃度計を購入し、数値を図っている。

購入したのは、この「しおみくん」
水槽にぶっさして、ボタンをポチっとすれば塩分濃度を教えてくれる便利なヤツ!!
レビューの評価も良かったし、送料無料だし。

■塩浴時の水温


治療中は若干、いつもより水温を高くしたほうがいいらしい。
30度くらいがいいんじゃない?とあるが手元には26度固定のヒーターしかなかった。
そのうち、購入しようと思う。




■投入する塩について

投入する塩は食塩より、海水魚用の「海水の元」の塩を使ったほうが良い。
たまたま、家にあるから、塩浴時には海水魚用の塩を使っている。
何でも、食塩よりは栄養豊富だからとか。



結果として、塩浴で「尾ぐされ病」は治った。
塩欲は2週間程度。


直ってよかったが、一番大切なことは「尾ぐされ病」にさせないこと。
水をきれいにしたり、水質を安定させるなどいろいろあるが、
ほかに、予防が出来ないかと調べていると、予防用の薬が発売されていることがわかった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。