スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱帯魚 1000円で作るLED照明 省エネその2

前回、赤色LEDでの照明自作が出来たので、今度は白色LEDで他の照明を自作することにした。


まずは照明の土台だが、コの字型のアルミを利用する。



20130202_124405.jpg

ホームセンターなどでも売っているが、コの字型にする理由としては、アルミの表面積が多くなることで、放熱性を高めるためだ。
あとは、今後このコの字の間にアルミパイプを通し、水を巡回させることで水冷式で放熱をする予定も考慮してだ。
60cm水槽用にこのアルミを50cmにカットする。

そして上海問屋で購入した白色LEDテープ

20130202_124426.jpg

よく見るとチップの表面が黄色くなっている。
たぶん、青色LEDに黄色いセロハンを貼って白色にしていると思われる。

このLEDテープをアルミに貼り付ける。
20130202_124448.jpg

通電テスト。


今回はDCジャックを利用することに。
20130202_130933.jpg

電気部品屋で購入すればいいのだろうが、楽天でレビューを記載することで送料無料になるDCジャックを発見したため、それを通販で購入した。


あとは家にあった12V1Aアダプターをつなげる。

20130203_215302.jpg

写真で見るとすごく明るいが、実際はこの写真よりも少し気持ち暗い感じがする。
もう一列並列でLEDを並べると非常に明るくなるだろう。

ただ、照明としては問題ない。


それではコストの計算だが、

アルミ土台 1M800円 の50cmなので = 400円
LEDテープ 5m3,000円 50cm分なので = 300円
DCジャックが 150円
ACアダプターは家にあったので0円

でトータル 850円でLED照明が完成!!(・∀・)

12V用ACアダプターなどは中古などでも売っている。200円くらいで買えると思います。


ちなみに電気代は前回の記事での計算方法を参考に

5050型の1個(3チップ)が0.24W、0.5Mで27個くらいだから6.48w
6.48(W)÷1000×10(時間)×22(円)×30(日)=43円 



ちなみに前回作成した水草用赤色LED照明も改良した。
今回は白色のほかに青色LEDテープも購入。

20130202_164752.jpg
20130203_215342.jpg

ここまで大きくなると5Aは必要になってくる。
LEDテープは全部で3M分になっている。




ちなみに12V5Aのアダプターはいくら中古屋を調べてもなかった。
しょうがないので、Amazonで購入しました。
スポンサーサイト

熱帯魚 冬場の省エネ対策 その1

冬場に一番電気代が掛かるのがヒーターになる。
このヒーターの稼働時間をいかに抑えるかが、冬場の電気代の節約につながる。


まずは、水温をいかに下げないかを考えたところ、やはり部屋の温度が低いことで水槽の水温がめっちゃ下がっているのを防ぐことにした。

そこで、今週、急遽導入したのが「断熱シート

断熱シートって効果あるの?

と最初は思っていたのだが、効果がどれくらいあるのか調べてみると、検証しているサイトを発見した。
http://plaza.rakuten.co.jp/ryoboo/diary/201107030000/

たった1度とはいえ、この1度が電気代を左右しているのだ(・A・)


ちゃんと断熱シートの効果があることがわかったため、断熱シートを即購入することにした。




うちは水槽が14個もあるので、この60cmのサイズを8個購入。


早速、各水槽をグルグル巻きにした。正面は今のところ張っていないが。

20130203_225135.jpg
20130203_225130.jpg


それと、上部からも放熱があるため、蓋をすることにした。
上部にライトがある場合は、100均で購入したB4サイズのクリアファイルみたいなヤツを加工したものを蓋の代わりにしている。

OF水槽の濾過槽は家にあった発泡スチロールでグルグル巻きだ!!

断熱シートを貼った結果。
今までより+1度を保っている(・∀・)


これは予想以上にエコエコできるのではないか。
それに上部の蓋には、ありえないくらい水滴が付いている。
これってつまりはそれだけ水から熱が逃げているという証拠。

蓋をしているおかげで放熱を防いでくれている(・∀・)


つまり、断熱シートのおかげで-1度だったのを+1度にしている。
断熱シートは2度分の働きをしてくれているのだ。これはスラムダンクでの山王戦での桜木と同じ・・・
意味がわからなくなってきた(´・ω・`)


シートのおかげで少しはヒーターの稼働率を下げることが出来ただろう。


今回はシート8個購入したため、3,000円ほどコストが掛かってしまったが、今後の電気代を考慮すると、2ヶ月ほどでペイできるだろう。


はぁ~ 悔やまれるのはこれを2ヶ月ほどまえから実践するべきだった・・・

資格 MCAマスターの申請について

MCA4つの資格(アプリケーション、データベース、プラットフォーム、セキュリティ)を11月下旬で全て取得したため、MCAマスターを会社へ申請しようと思い、MCAマスターの申請方法をいろいろ調べていた。


であるサイトにこんなことが書いてあった
「MCAマスタの申請は、毎月15日締めしているから、15日以降のは翌月の15日に申請される」


とあったので、11月下旬に取得したから12月15日以降に何か来るだろうと思って待っていたのだが、
2月に入っても何もこない。

そろそろ自分自身のも忘れそうになり、もう一度調べてみたら、今は申請方法が変わっていることがわかった。

今はメールにて「MCA事務局に直接問い合わせ」しなければいけないみたいだ。


実は、初めてMCAの資格を取得する際に、初回限定で配信されるメールにそのことがきちんと載っていた。
自分の確認ミスw

メールには要約すると「MCAマスターの申請は、以下のメールアドレスからしてね!」と書いてある。

指定のメールアドレスへ、MCA4つ取得したこと、MCAIDなどを記載して、なにかMCAマスターの証明か何か送ってください。と連絡した。

そしたらその1時間後くらいにすぐ連絡が来た。

今はMCAマスターの証明カード等は送っていないが、以下のURLから証明用PDFをダウンロードしてくれと。

これで、無事MCAマスターの証明書が手に入ったため、無事会社に申請することが出来た。


ちなみに、今現在2013.02時点でMCAがなくなることがWebに記載されている。
おすすめアプリ
カテゴリ
最新記事
リンク
アクセスカウンター
アクセス解析
imobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
i-mobile
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Amazon
Androidお勧め参考書
EC studio
商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。